MY@web

ECショップのコンバージョンUPについて

*

ECショップがアクセス解析を導入する理由

      2014/11/27

ECショップを運営していて、いまだにアクセス解析を導入していない店舗もいらっしゃいますが、なぜでしょう?

アクセス解析

ECショップもリアル店舗と同じです。

  • 今日、何人のお客様が来店されたのか?
  • どこから来たのか?
  • どこで当店を知ったのか?
  • 店内をどう回ったのか。
  • 何をかごに入れたのか。
  • 売れ筋商品はなにか。
  • 買ったのか、買わなかったのか。

これがわからないと対策がたてれません。

CVR(コンバージョンレート)という言葉がありますが、訪問したお客様のうち何人が購入していただけたのか。

計算式は 購入人数÷訪問客数☓100 ですが、

売上を伸ばすには、もっと細かく分析する必要があります。

  • カテゴリーページのCVR
  • 商品ページのCVR
  • カゴのCVR

それらを見ていくためには、アスセス解析は必須です。

一日も早く導入してください。

おすすめのアクセス解析

Google Analytics http://www.google.com/intl/ja_jp/analytics/

グーグル社の無料のアクセス解析です。

futomi http://www.futomi.com/library/acc.html

定番のアクセス解析。

訪問者の個別追跡もできて便利です。

私は、上記2つを併用しています。

 - アスセス解析

336

336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

GoogleAnalyticsでのイベント トラッキングを実装する方法と取得できない場合の対処

イベントトラッキングを設置するにあたり調べていたら様々な最初方法がわかったので覚 …

CVRを取得するためのアクセス解析活用

CVR(コンバージョン率)を計測するには、アクセス解析の導入が必須ですが、こちら …